ダイエット

岩盤浴の正しい入り方でデトックス・ダイエット効果を高める!

岩盤浴になんとなく入っていませんか?ここでは、岩盤浴の基本から効果を最大化するテクニックまでご紹介します。同じ時間・お金をかけるなら、正しい方法で効率よく利用したほうがお得ですよね。

岩盤浴とは

岩盤浴とは、天然石を過熱することにより発生した遠赤外線を利用した温熱施設で、美容・健康面で効果を期待できます。

天然石を床に敷き詰めた施設や、天然石で加工された床・ベッドを使用した施設があります。

その上に横になって入浴し、床面からの輻射熱により全身が満遍なく温められます。

浴室の温度は40℃前後と低温なため、一般的なサウナと比較して、長い時間をかけて入浴することができます。そのため、じわじわと大量に汗を掻くことができます。

岩盤浴の効果

全般

岩盤浴は、発汗作用により新陳代謝が活発化されます。それにより、以下の効果があると言われています。

  • カロリー消費しやすい体になる
  • 脂肪燃焼しやすい体になる
  • むくみ解消
  • 老廃物の排出
  • 冷え性予防
  • 美肌効果
  • リラックス効果
  • 疲労回復
  • 免疫力の向上
  • 肩こり・腰痛の改善

ダイエット効果

岩盤浴によるダイエット効果は、上記のうち4つです。

  • カロリー消費しやすい体になる
  • 脂肪燃焼しやすい体になる
  • むくみ解消
  • 老廃物の排出

これらは、代謝UPによるものですが、ダイエットの効率を上げるためには必修科目みたいなものです。そのため、岩盤浴には継続的に通うことをお勧めします。

なお、発汗により、一時的に体重が減る場合がありますが、これはダイエットとは言えません。度が過ぎると、脱水症状になる可能性がありますので、水分補給はしっかりと行いましょう。

消費カロリー

岩盤浴に入っている最中の消費カロリーは、軽い散歩と同じ程度なので、ダイエット効果としてはあまり期待できません。

そもそも、寝転がっているだけですから、消費カロリーが低いのも当然でしょう。

ここは、前述の通り、「カロリー消費しやすい体になる」ことに期待しましょう。

岩盤浴を受けられる場所

スーパー銭湯

スーパー銭湯に岩盤浴が併設されているケースが多いです。お近くのスーパー銭湯のホームページにアクセスして、岩盤浴の有無を確認しましょう。

その際、1日無制限に入浴できる施設と30分程度で入れ替え制の施設がありますので、どちらのタイプか確認しましょう。岩盤浴の高い効果を得るためには、後者をお勧めします。

料金は、通常の入浴料とは別に、岩盤浴の入浴料として500~1500円程度支払うことで利用することができます。

岩盤浴サロン

岩盤浴専門の施設です。

個室を用意しているところもあるので、周囲を気にせずに岩盤浴を楽しみたい方にはお勧めです。

料金は、施設によってピンキリなので、予算に合った施設を探しましょう。

玉川温泉

天然の浴場では、秋田県玉川温泉の岩盤浴が有名です。

万病に効くと言われ、全国から湯治客が集まり、長期で滞在する方も多いです。

これには、微量の放射線を放出する「北投石」が大きく関係しているのではないかと指摘されています。この北投石は、当地と台湾の北投温泉にしかないと言われています。

岩盤浴の入り方

頻度・時間

岩盤浴の頻度は、週1~2回で十分です。1回あたりの時間は、60~90分として、その間に5分程度の休息を2~3回挟みましょう。

はじめての方は、1回あたりの時間を30分程度から始めて、体調を崩さない範囲で徐々に時間を延ばしていくことをお勧めします。

また、体調が優れない日は、岩盤浴を控えましょう。

服装・下着・タオル

ほとんどの施設で、岩盤着と専用タオルが用意されていますので、それを使用します。

「下着はどうするの?」と疑問を持つ方もいらっしゃいますが、大量に汗を掻きますので、一般的には着用せずに、そのまま岩盤着を着ます。

それでも、下着を着用したいという方は、汚れても良い下着で岩盤浴に入り、帰りのために替えの下着を用意しましょう。

岩盤浴が終わったら、岩盤着と専用タオルの回収箱が用意されていますので、そちらに投入します。

水分補給

大量に発汗しますので、岩盤浴の前後と休息時には、水分補給をしっかりと行いましょう。

ドリンクの自販機や販売コーナーがありますので、現金、もしくは入店時に渡されたリストバンドのバーコードをかざせば購入できます。

現金の場合は、着替えの際に、小銭を持ち出すのを忘れないようにしましょう。

食事(岩盤浴の前後)

岩盤浴の直前・直後の食事は避けましょう。

岩盤浴に入ると、体が温められ、体内のあらゆる器官の働きが活発になります。

その結果、消化器以外に血液が流れてしまうため、消化器の働きが低下します。

また、栄養の吸収力が高くなるので、通常時よりも脂肪がつきやすくなります。

そのため、岩盤浴前の食事は、2時間前までに済ませておきましょう。また、岩盤浴後の食事は、1時間以上空けてからにしましょう。

岩盤浴と風呂の順序

先に風呂に入って体を温めておくと、岩盤浴ですぐに汗を掻けます。

また、清潔な状態で岩盤浴に入ることができるので、マナーとしてもお勧めします。

ただし、のぼせやすい方は、体への負担を考慮して、最初から岩盤浴に入って、徐々に体温を上げていくことをお勧めします。

岩盤浴の効果を高める方法

体勢

岩盤浴は、床面からの輻射熱により体を温めるものですが、ここでは体勢が重要です。

輻射熱を効果的に浴びるためには、全身を満遍なく床面に接する必要があります。お勧めの方法は、以下の通りです。

  • うつ伏せ(15分)
  • 仰向け(15分)
  • 休憩(5分)

このサイクルを数回繰り返します。60分コースであれば2サイクル、90分コースであれば3サイクル回します。

ただし、苦しいと感じた場合はすぐに休憩をとり、それでも回復しない場合はそのまま終わりにしましょう。

呼吸法

呼吸についても意識していきましょう。ゆったりと呼吸をすると、自律神経系への温熱効果が高まります。

まずは、口から長く息を吐いていきます。それと同時にお腹が凹んでいくイメージを持ってください。

目一杯吐き切ったら、解放し、今度は鼻から自然に息を吸いましょう。それと同時にお腹が膨らんでいくイメージを持ってください。

これを繰り返します。リラックスすることが目的なので、上手くできているかどうかはそんなに意識せずに、気楽にやりましょう。

また、このように呼吸をすると、腹筋はドローインを行っていることになるので、ウエストのシェイプアップにも効果的です。

ストレッチの併用

岩盤浴の最中にストレッチを行うことにより、自律神経の改善を図ります。

ストレッチと言っても、ソフトな内容に留め、「伸ばす」というよりは「少し緩める」程度にしましょう。

ガツガツ伸ばしてしまっては、自律神経に逆効果ですし、そもそも筋肉を損傷する可能性があるので控えましょう。

やり方としては、通常のただ横になっている状態に対して、体のどこかに少し捻りを加えて、気持ちがいいポジションでジッとします。

最初は、腰を捻ることから始めると、分かりやすいかもしれません。

この気持ちがいいポジションを、探してはジッとするという流れを繰り返しましょう。

この際に、呼吸法も忘れずに行いましょう。

リンパマッサージの併用

岩盤浴には、「老廃物の排出」という効果があります。リンパマッサージも同様に、リンパの流れを良くして、老廃物を排出する効果があります。

この2つの相乗効果で、デトックス効果をさらに高めようというものです。

マッサージ方法の概要をご紹介します。

マッサージする部位(主要なリンパ節)は、体の上から順に、以下の通りです。

  • 耳の下(耳下腺リンパ節)
  • 首の周り(頸部リンパ節)
  • 鎖骨周辺(鎖骨リンパ節)
  • 脇の下(腋窩リンパ節)
  • へそ周辺(腹部リンパ節)
  • 脚の付け根(鼠径リンパ節)
  • ひざ裏(膝窩リンパ節)

そんなにピンポイントでなくても大丈夫です。「だいたいこの辺り」という場所をマッサージします。

イメージとしては、足から心臓に向けて、頭から心臓に向けてマッサージしていきます。

全身を流れているリンパは、鎖骨周辺(鎖骨リンパ節)を通ってから、心臓に流れ込むので、鎖骨周辺を最後にマッサージするようにしましょう。

サプリメントの併用

岩盤浴には、前述の通り、「脂肪燃焼しやすい体になる」という効果があります。

ここに、燃焼系サプリメントを併用することによって、さらに効果を高めようというものです。

サプリメントを飲むタイミングは、岩盤浴に入る1時間くらい前をお勧めします。

サプリメントの種類については、ドラッグストアなどで薬剤師に相談するのがベストです。成分表を見て、的確な答えを返してくれるはずです。

ネット上の商品は、多種多様な視点でアピールされているため、本質的な違いを判断するのは難しいでしょう。

岩盤浴の注意点

  • 体調が優れない日は、岩盤浴を控える。
  • 水分補給は、怠らないように注意する。
  • 無理して長時間入浴しない。
  • 岩盤浴の後は、体温の急激な変化によるショックを避ける。(水風呂などには入らない)
  • 循環器系統などに障害がある場合は、事前に医師に相談する。

まとめ

岩盤浴は、ダイエット、美容、肩こり・腰痛などに、非常に高い効果があるので、継続的に通うことをお勧めします。

ただし、無理をすれば健康を害する可能性があるので、あまりストイックにはならずに、自分のペースを守るようにしましょう。

また、当記事の内容を一気に全部こなすのは難しいと思います。まずは、基本からスタートして、徐々にステップアップしていきましょう。

この記事が、少しでも、あなたのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

↓シェアしていただけると嬉しいです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ダイエット

    プロテインダイエットの効果・置き換え方法を知って綺麗に痩せる!

    プロテインを飲むと太りそう?実は、引き締まったスリムボディを目指すため…

最近の記事

  1. Coffee Break

    渡辺麻友のドス顔?須藤凛々花結婚発表時のまゆゆの表情が話題!
  2. ダイエット

    岩盤浴の正しい入り方でデトックス・ダイエット効果を高める!
  3. ダイエット

    プロテインダイエットの効果・置き換え方法を知って綺麗に痩せる!
PAGE TOP